なるほど空間

乙女心(多肉植物)の育て方とは?日光や水やりの方法についても!

      2015/07/09

乙女心photo by:ハンメリー Sedeveria ‘ Hummellii ‘ / onihisho

こんにちは、下屋敷です。

前回は、セダムの「虹の玉」と言う多肉植物の育て方をご紹介しました。

今回は同じベンケイソウ科のセダム族である、乙女心という多肉植物の育て方を、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

乙女心(多肉植物)の育て方とは?、日光は?

乙女心は、乾燥に強く、多湿に弱い傾向があります。なので、とにかく水のやりすぎだけは気をつけます。 土が完全に乾いたのを確認してからの水やりが好ましいです。

育てる時に大切なのは、管理場所です。

真夏の強い直射などを当ててしまうと、弱ってきます、また、葉やけなども起こしますし、暑さでへばったりもするので注意が必要です。そこで、真夏などは半日陰で風通しの良い場所においてください。真夏以外は屋外の日当たりで管理するのが好ましいでしょう。

水やりの方法は?


一般的な多肉植物と同じ水やりで大丈夫です

前述の通り、
乙女心は乾燥に強く、多湿に弱いので、
水のやりすぎにだけ注意をすれば大丈夫です。

土の選び方は?

土も他の多肉植物と同じ土でOKです。
わからなければ、こちらをご購入なさってみてください。

このような土でしたら、どのような物でも構いません。好きな物を使用してください。

今では、100円均一などでも土を取り扱っていますが、しっかりとした土のほうが強く生きてくれるのでおススメです。

スポンサーリンク

補足です

この、乙女心という品種は、虹の玉とよく似てはいますが、全くの別物です。虹の玉は先が発色がいい赤色、乙女心は先が淡いピンクになります。

また、日当たりで育てていると、葉の艶がよくなるし、ぷっくりと可愛く膨らみます。少し濃く色が出てきても、秋の寒さにあたると、ほどよいピンク色になってきます。このほんわりをしたピンク色が、「乙女心」という可愛らしい名前の由来なのではないかと、私は思います。

可愛い品種ではありますが、固体を増やす事(葉挿し)が難しいところがあるので、価格が意外に高かったりします。

育ててみる人は、秋頃に変化していく、乙女の心のような淡い色を、直接ご覧になってみたください。

乙女心

photo by:Sedum pachyphyllum 乙女心 / onihisho

☆こちらの記事もご一緒にいかがですか?
セダムでグランドカバーを作ろう!植え方や可能な種類は?
セダムの寄せ植えの方法・育て方とは? 土や水やりについても!

 

 - ガーデニングのブログ記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

sponsors

広告sample125*125
なるほど空間 広告募集中

更新情報はコチラから

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

初心者向け!冬のガーデニングにおける注意点や対策とは?

こんにちは、よしこです! まだまだ、日中は気温が高いものの、 上のように氷や雪な …

向日葵(ヒマワリ)の種について!栄養価が高く美容に良い?

こんにちは、おかんです。 夏の花の代表格、向日葵。 大きく育ってくれて、種も沢山 …

夏に咲くガーデニングにおすすめの花10種まとめ

こんにちは、よしこです。涼しくて心地よい春が終わり、梅雨が明ければ、いよいよ夏が …

no image
メキシコマンネングサの花言葉や育て方とは?紅葉はする?

こんにちは、下屋敷です。 今回は、前に紹介した虹の玉でもなく、乙女心でもない、ベ …

黒土(こくど/くろつち)の使い方とは?

こんにちは、よしこです。 いま私は、すっかりマダラになってしまっていた、庭の芝生 …

花壇のデザインいろいろ~植え方や植物の選び方~

こんにちは、よしこです! 私の趣味のひとつにガーデニングがあるのですが、春の花々 …

【園芸初心者向け】土の配合例と考え方・原則

こんにちは、よしこです。 次々に梅雨入りが発表されていますね。園芸が趣味の方にと …

春夏秋冬+梅雨別の水やりの方法・頻度

こんにちは、よしこです。 梅雨明けした地域も増えてきて、ガーデニングが趣味だとい …

紫陽花(あじさい)の色の変化は土壌が原因?色は狙えるのか

こんにちは、おかんです。 日本原産の花、紫陽花。 その美しい姿に魅了される人は多 …

水仙(スイセン)の毒とその症状とは?犬や猫などが食べてしまったら

こんにちは、おかんです。 美しいモノには刺がある…。 綺麗なモノには毒がある…。 …