なるほど空間

アームレスリングでオススメのトレーニング方法とは?

      2014/11/17

ダンベル

こんにちは、下屋敷です。

前の記事でも紹介させていただきましたが、私は高校生の全国大会優勝21歳以下の日本代表などに選ばれた経験がある、アームレスラーです。

関連記事: 元日本代表が語る – アームレスリングで強くなるためのコツとは?

今回は、そんな私から「オススメのトレーニング方法」などをご紹介していきたいと思います。

もし、初心者の方なら、今回オススメするトレーニング方法で、筋力アップを目指してみてください! アームレスリング経験者で、中々強くなれないとお悩みの方にも、何か強くなるためのヒントなどがあるかもしれません。ぜひ、お読みになってみてください。

スポンサーリンク

アームレスリングのトレーニング方法にはどんなものがある?

基本的に、アームレスリングのトレーニング方法は、一人では行なえないものが多いです。しかし、一人で行うトレーニング……ダンベルやトレーニング機器を用いた筋力アップも、勝つためには欠かせないこととなります。

ここでは、一人でも行なえるトレーニングをご紹介します。

ハンマーカール

アームレスリングで重要な筋肉の部位は、「腕橈骨筋(わんとうこうきん)」という、前腕にある筋肉です。

ここをしっかりと鍛えたいなら、「ハンマーカール」という、ダンベルなどを使ったトレーニングがオススメです。

文字では詳しい説明が難しいので、こちらの方の動画をご紹介したいと思います。

このトレーニングを行なう時の注意点は、「無理をして重いものを使わないこと」です。

たしかに、重い物を使うと、腕は太くなり、見た目は強そうに見えるかもしれません。けれど、強い上質な使える筋肉を作るために、重いものを使うのは良くありません。

ボディビルなどの人とは違い、「見せる筋肉」をつけることが目的ではないので、無理がないくらいの重さを選びましょう。そして、瞬発的な力を入れるのではなく、持続的に同じ力を入れながら行なうのが、良いやり方です。

リストカール

ハンマーカールの次は、「リストカール」という筋トレ方法をオススメします。

こちらのやり方は、下記の動画が参考になります。

リストカールも、
ハンマーカールと同じく
無理をして重いものを使わないないようにします。

理由も、ハンマーカールと同じです。上質な使える筋肉を作るための手段として、大きな筋肉を作る手段は適していません。地道に数をこなす、トレーニング方法にしましょう。

なぜ、大きな筋肉にするのをオススメしないかというと、本格的にアームレスリングをする場合、一回の勝負で、すぐに乳酸が腕に貯まってしまうようになるからです。

アームレスリングの試合は勝ち進んで行かなければならないのですが、乳酸が貯まると力が半減されて、逆に弱くなるきっかけになり得ます。

私も初めは、大きな筋肉をつけたほうが強いと思い、大きくしていきましたが、数回で疲れて腕はパンパンになるようになり、結果的には強くはなりませんでした。

このような経験から、私は大きな筋肉をつけるやり方の筋トレはオススメしません!!

スポンサーリンク

おすすめの器具はある?

本来は、人の手を使ってのトレーニングが好ましいのです。ですが、やはり都合上それは厳しい方もいらっしゃると思いますので、必要最低限の器具をご紹介したいと思います。

  • ダンベル
  • チューブ

基本は、この二つがあれば、自宅で一人、トレーニングをすることが可能です。ダンベルは、二つ同じ重さがあることが好ましいです。

どのような物を購入すれば良いかわからない人のために、私のオススメブランドのダンベルもご紹介しておきます。

片手10キロもあれば、まず困ることはないと思うので、重さはこれくらいで十分です!

私は、普通じゃない変わったトレーニングをするよりも、まずは基礎を鍛えたほうがいいと思うので、このトレーニング方法を行なっています。基礎さえできたら、応用ができるし、基礎をどこまで作るかで、アームレスリングの強さは変わるとも思っています。なので、まずはここで紹介した「基礎を鍛えるトレーニング」をオススメします。

基礎をしっかりと作って、ランクアップを目指してみてください!! 応援してます!!

☆下記の記事では、「吊り手のコツ」をお話しています。
アームレスリングおける吊り手のコツとは?

 

 - 雑学・豆知識・その他

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

sponsors

広告sample125*125
なるほど空間 広告募集中

更新情報はコチラから

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

◆雪合戦の遊び方!公式競技ルールや注意点についても!

寒さも厳しくなってきて、雪がたくさん降るような地域では「雪合戦」や「雪だるま作り …

no image
レコーディングエンジニアのお給料ってどのくらい?

こんにちわ!猫屋です。 みなさま、今年もジメジメした季節がやってきましたね! レ …

アームレスリングおける吊り手のコツとは?

こんにちは、下屋敷です。 私はアームレスリングの元21歳以下での日本代表や、高校 …

雰囲気美人の特徴とは?芸能人だと誰?どうすればなれる?

みなさんこんにちは ひなです! 「雰囲気美人」っていう言葉、聞いたことがあります …

金曜のバカの感想とあらすじ(ネタバレ有)

こんにちは、愛沢みをです。 あなたは「短編小説集」というものを読むことはあります …

初心者向け!ビーズを使った手作りアクセサリーの始め方

家で在庫になっているビーズを消費していきたいmicro_myuです。この2~3年 …

no image
さんま、かつお、ぶりなどの青魚に見られる赤い虫は寄生虫? 害は?

皆さんお元気ですか! ひなです。 涼しくなってきて過ごしやすいのか、 我家のネコ …

no image
ラジコンヘリの空撮に許可や資格は必要?法律はどうなってるの?

こんにちは、下屋敷です。 私は、ホビーラジコンが大好きです! ホビーラジコンは、 …

◆雪だるまの上手な作り方と注意点!さらさらの雪で作る場合も!

最近は関東でも雪が降る季節。 そんなとき、積もったら雪をかき集めて雪だるまを作っ …

車のオイル交換する時の値段・相場とは? 粘度はどうすればいい?

こんにちは、下屋敷です。 車を所有している方なら、誰しもが行なうオイル交換。 ほ …